お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「リモートワーク(在宅勤務)に関するアンケート 」調査結果公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナビプラス株式会社では、2020年4月に政府より発令された緊急事態宣言を受け、原則リモートワーク(在宅勤務)にて業務を2020年6月末まで実施致しました(※現在は、選択式にて実施中)。

この度、社員の現状把握と意識調査を目的に実施した「リモートワーク(在宅勤務)に関するアンケート」の結果を公開致します。
リモートワーク中の企業や検討中の企業の方々のご参考になれば幸いです。

リモートアンケートに関するアンケート

「リモートワーク(在宅勤務)に関するアンケート 」調査結果

==========================
■ アンケート実施期間:2020年6月24日~7月1日
■ 調査対象:ナビプラス株式会社社員
==========================

リモートワークでの勤務に満足していますか?

7割がリモートワークでの勤務に満足している結果となりました。
ポジティブな意見が多い一方で、個別の課題感も多く寄せられました。

リモートワークでの勤務に満足していますか?

《前向きな意見》

  • 通勤ストレスが無くなった為、精神的にかなり助かっている。
  • 仕事のあとの家事育児に余裕ができて良い。
  • 基本的にリモートで不可能な仕事内容はないため、問題なく取り組めている。
  • 非対面での打合せは、社内外問わず非常に効率的で生産性向上に貢献したと思う。
  • 開発の業務についてはリモートワークの方が集中できる。

《課題》

  • 直接コミュニケーションが取れない。
  • デスク、椅子、ディスプレイ、空調、ネットワーク等の条件はオフィスと比べて自宅のほうが劣るので、総合的にはリモートワークの満足度は低い。
  • 必要な機会は多くはないものの方針の議論などは対面に比べて行い辛い。
  • 毎日リモートとなると精神面に影響が出ることもあるので、バランスよく出社しての勤務も行いたい。

今後、通常勤務に切り替えるとした場合、不安や課題はありますか?

6割が通常勤務に戻ることに対して不安を持たれている結果となりました。
「ウイルス感染」及び「生活リズムの再調整」への不安を持ってる人が多く見て取れました。

《不安や課題に関するコメント》

  • ウイルス感染への不安
  • 環境の変化により再度適応できるまでに時間がかかりそう。
  • 満員電車に乗るのが不安、通勤にかかる時間が無駄になる。
  • 一日中マスク付けるのがきつい。
  • リモートワークで得ていた利点が無くなる。

リモートワークでの勤務でプラス/マイナスに感じることは?

ウイルス感染に対する不安や「通勤ストレス」が減ることに対して、プラスに感じる人が多い反面、「コミュニケーション」に関する項目でマイナスに感じる人が多い結果となりました。

リモートワークでの勤務でプラス/マイナスに感じること

《その他プラスに感じる事》

  • 住む場所に対する選択肢が増えそう。
  • 通勤時間が減って自由に使える時間が増える。空いた休憩時間を家事に使える。
  • 客先訪問の移動時間削減、非対面での打合せの標準化はプラスが大きい。

《その他マイナスに感じる事》

  • 業務上直接つながりのない人とのコミュニケーションが全くなくなった。
  • リモートでのコミュニケーションは感情が読み取り辛い。
  • 変化への対応に手間が掛かる(生産性の低下)。

リモートワーク実施により、総合的にみてご自身の生産性が上がったと思いますか?

メリット(業務に集中できる&通勤レス)とデメリット(オンオフの切り替えが難しい&コミュニケーション取りにくい)で相殺され、生産性が変わらないと感じる人が多い結果となりました。

リモートワーク実施により、総合的にみてご自身の生産性が上がったと思いますか?

《変わらない》

  • 主に移動時間レスによるプラスと、コミュニケーションロスによるマイナスによって、概ね相殺のイメージ。
  • 生産性が上がった点は、割り込み的な会話が減ったことにより、一つの作業に集中できる点があげられる。生産下がった点は、仕事以外のことに気持ちが持っていかれてしまう点があげられる。

《上がった》

  • 通勤が無くなるため、無駄な時間が削減でき、体力にも余裕ができるため。また、勤務後の自己研鑽のための時間も作りやすい。
  • 自分のタスクに集中しやすくなった。

《下がった》

  • オンオフの切り替えがうまく行かず、集中できないことがある。
  • ミーティングを実施するまでもない情報共有のために行うミーティングが増えた。

リモートワークを実施する上で工夫している事は?

各自で試行錯誤をしながらリモートワークを実施している事が判りました。

  • ポモドーロ・テクニックを導入して作業に集中できるようにしている。
  • チームのコミュニケーションを適切に図ることや、全体での作業の進捗は常に頭に入れるようにした。
  • メンションのないslackはすぐに見ないようにした。
  • テキストでのやり取りが多くなるので文章が冷たい印象にならないように注意した。
  • なるべく通常勤務の時と同じ時間に起きて、同じ時間に寝るようにした。
  • 座りっぱなしになってしまうので、立って業務を行なう場所を作った。
  • 気分転換で散歩、ミーティング前後の雑談を普段より多めにした。
  • なるべく電話かwebで会話する様にした。
  • 晴れた日はベランダで作業する。

今後について

ナビプラスでは今回のアンケート内容を踏まえながら、社会の一員として新型コロナウイルス感染拡大防止に努めるのはもちろんのこと、働く仲間の労働環境改善とお客様向けサービス向上の両立を図ってまいります。

【お問い合わせ先】

ナビプラス 広報担当

Email info@naviplus.co.jp

第3回アルゴリズム実技検定の無償提供への賛同について

「NaviPlusレビュー」に
「自動メール機能」「個別メール機能」を追加し提供開始