セミナー 終了しました
このエントリーをはてなブックマークに追加

3社共催 無料セミナー「オムニチャネル時代の新しい顧客コミュニケーション ~Web、レコメンド、メール、タブレットを活用した最新事例をご紹介~」

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 開催日

    2013.08.23(金)

  • 場所

    東京

ナビプラス株式会社は、株式会社エスキュービズム、トランスコスモス株式会社と3社共催で、無料セミナー「オムニチャネル時代の新しい顧客コミュニケーション ~Web、レコメンド、メール、タブレットを活用した最新事例をご紹介~」を2013年8月23日(金)に開催いたします。

めまぐるしく状況が変わるEC業界において、最新のトレンドを取り入れ実践することは、どのEC事業者においても必須の取り組みです。そんな中、最新のトレンドとして「オムニチャネル」が注目され、実際に取り組んでいる事業者が少しずつですが増えてきており、近い将来に取り組むべき必須事項になる可能性が非常に高いと見込まれております。

本セミナーでは、そもそも「オムニチャネル」とは何なのか、実践した事業者を支えているサービスベンダーだからこそ知っているポイントなどを、最新の成功事例とご提案を含めご紹介させていただきます。

こんな方にオススメ
・顧客単価を上げたい方
・顧客の来店頻度をアップさせたい方
・導入事例を聞きたい方

受付終了しました

開催概要

日程

2013年8月23日(金)

時間

15:30 〜18:00(15:00受付開始)

場所

東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル9階
株式会社デジタルガレージ セミナールーム

主催

ナビプラス株式会社/株式会社エスキュービズム/トランスコスモス株式会社

定員

50名

参加費

無料

対象

ECサイト運営企業様、リアル店舗を展開されている企業様

                     

セミナープログラム

15:00~

受付開始

15:40~16:20 (40分)

【第1部】
「数々の事例で見えたオムニチャネルの現状と未来について」

株式会社エスキュービズム 営業統括室 室長 
真田 幹己

O2Oというキーワードが注目を浴び、数多くの企業がO2Oを用いたビジネスモデルを構築しています。しかし、その活用はまだ、ポイント連携や在庫連動などにとどまっており、なかなかその先をいくビジネスモデルは出現していないというのが現状です。エスキュービズムでは、自社のもつ「Tablet POS」システムを利用して、実店舗を訪れたお客様に対してより効果的なアプローチを行い、Webの技術を用いて購買率を高めるアプローチ等を提案しております。本セッションでは、在来の「ポイントや在庫が連携する」とは違う、真に効果のあるO2O戦略、サービスについてご紹介をさせていただきます。

16:20~16:30 (10分)

休憩

16:30~17:10 (40分)

【第2部】
「オムニチャネル時代におけるメールの可能性」

トランスコスモス株式会社 DMS総括 MCMソリューション事業部メールサービスG 
渋谷 旬

トランスコスモスが提供する「ClickM@iler」システムでは、他システムと連携し、ユーザに効果的なアプローチを実現しております。本セッションでは、O2O施策として実店舗に訪れたユーザへのメール配信から顧客のフェイズに合わせたメールマーケティング施策までご紹介をさせていただきます。

17:10~17:20 (10分)

休憩

17:20~18:00 (40分)

【第3部】
「リアルデータのコンテンツ化による接客施策」

ナビプラス株式会社 セールス&マーケティング部セールスリーダー 
榎本 直紀

ECサイトにおいて、集客・コンバージョンを伸ばす要因としてサイト内コンテンツを充実は非常に大きなウェイトを占めております。しかし、新しくコンテンツを作るのは手間がかかり手を出しにくいのが現状です。本セッションでは、リアル店舗・ユーザの声・スタッフ情報など既にある情報を使ってコンテンツを作り、手間なく効果を上げた事例をご紹介いたします。

18:00~18:30 (30分)

個別相談会

                     

【お問い合わせ先】

ナビプラス株式会社 セミナー事務局

TEL 03-5456-8017
Email sales@naviplus.co.jp

サービスご利用者様限定セミナー「本当の価値を考える、Webプロモーションにおけるリスクと最適化とは? ~GoogleAnalyticsを使った広告の最適化と、日本初CPA課金ソリューション~」

3社共催 無料セミナー「激戦の今だからこそ振り返るべき、ECサイトの基本 ~最新事例にみる商品情報とサイトコンテンツによる、集客・接客の関係性~」